【6月限定企画♪】〈雪の大谷へ直行♪新緑の立山黒部アルペンルートツアー〉 プロガイドがご案内するオプショナルツアーも充実!

5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (2)r

 

コース番号
 特1906
ツアー名

【6月 特別企画!】

雪の大谷へ直行♪

新緑の立山黒部アルペンルートツアー♪

プロガイドがご案内するオプショナルツアーも充実!

集合・解散
◆集合 … 富山駅南口(9:00)

◆解散 … 富山駅南口(17:30頃)

開催日

2019年 6月

2日(日)、9日(日)、16日(日)、22日(土)

※日帰りバスツアーとなります。

ツアー料金

〈往復〉

大人 8,800円 / 小学生以下 5,500円

税込となります。
※往復でご予約の方が優先となりますが、片道をご希望の方は一度お電話にてご相談ください。

ツアー内容

往復バスで席確保♪雪の大谷への直行バス!

現地で楽しめるオプショナルツアーも充実♪

 

〈おすすめポイント〉

① 各出発地から室堂まで待たずにたどり着けます♪

② ガイド付きの解説で立山信仰や雷鳥の生態など、立山の魅力が120%伝わります!

③ 室堂でのオプショナルツアーも参加可能です♪

 

6月のアルペンルートの魅力は、様々な植物を楽しむことができること♪
室堂に近づくにつれて、景色が雪へと変わるのも魅力のひとつ!
雪の大谷を歩いたり、現地オプショナルツアーでスノーシュー体験(*1)で楽しみましょう♪
雪の大谷ウォーク公式サイト

食事:朝=× 昼=× 夜=×
添乗員:添乗員または現地ガイドが同行
*1 エコロの森運営オプショナルツアーです。室堂から雪が無くなったらスノーシュー体験ではなく「ライチョウウォッチング」に変わります。
5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (2)r

5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (5) 5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (1)r 20190510101254_p1002

20190510101256_p1006 20190510101257_p1007 8887r

20190510101307_p1027


◆プロガイドがご案内する2つのオプショナルツアー

(別途オプション参加費が必要です。)

 

エコロの森「スノーシューツアー」

春の室堂はまだまだ雪がいっぱい!一面の雪原をスノーシューで散策しませんか。
この時期だけの風景を楽しめます。ライチョウと出会えることも!ご旅行中のお客様も気軽に参加できる、楽しいツアーです。
※室堂から雪が消えたら「ライチョウウォッチング」となります。

Murodosnowshoeing

dscn4543 img1495 dscn4577 20190510101257_p1008 20190510101254_p1001 20190510101255_p1003 20190510101256_p1004 20190510101256_p1005

〈開催〉6月 2日、9日、16日 ※22日の開催はありません。

〈時刻〉13:00~15:00

〈定員〉各日10名様

〈参加費〉大人7,000円 / 小学生以下6,000円
※旅行代金とは別途必要となります。(料金に含まれるもの…ガイド代、スノーシュー一式、ティータイム)

〈持ち物〉防水のアウター(スキー・スノボウェア、登山用のカッパ上下)、帽子、手袋、サングラス、飲み物

 

〈ガイド紹介♪〉
森田 由樹子
エコツアー・ガイドツアー会社「エコロの森」代表。北海道出身。大学卒業後、新聞記者生活を経て富山に移住。エコツアー会社「エコロの森」を創業。
富山県内各地をフィールドに、四季折々の自然、歴史、文化をテーマにした様々なツアーを開催し、自らガイドもしています。
立山では、春から秋まで、スノーシュー散策やネイチャーガイドツアーを行っています。趣味は「お菓子作り」ツアーの時に手作りお菓子があるかも!
オススメは、スノーシューツアー!

オプショナルツアー運営:株式会社エコロの森

 

 

Travearth「雪の大谷を見てきた後に参加してほしいツアー」

雪の大谷だけではもったいない!雪の立山の本質的な魅力に迫るガイドツアーです。
「雪の大谷」が有名になって、春の立山には世界中からたくさんの観光客が訪れるようになりました。
けれど、雪の大谷は「雪の立山」のほんの一部の場所。雪の壁の迫力だけでない本質的な春の立山の魅力に迫ります。

0101_original-600x400

0162-600x400 2857-600x400

〈開催〉6月 2日(日)、9日(日)、16日(日)、22日(土)

〈時刻〉13:00~15:00

〈定員〉各日12名様

〈参加費〉大人3,000円 / 小学生以下2,000円

※旅行代金とは別途必要となります。

〈持ち物〉防水のアウター(スキー・スノボウェア、登山用のカッパ上下)、帽子、手袋、サングラス、飲み物

 

〈ガイド紹介♪〉
大塚 憲一
富山大学理学部地球科学科で雪氷学を専攻し立山の雪の研究をする。これがきかっけで立山に頻繁に通うことになり山の魅力に惹きつけられる。卒業後、立山の山小屋で勤務、その後ツアーコンダクターとして活動する。2010年登山ガイドの資格を取得し、株式会社Travearthを設立。少人数のトレッキングツアーをメインに星空キャンプツアーや氷河ツアーなどいろいろな視点から立山を案内している。

オプショナルツアー運営:株式会社Travearth

ツアー行程
(9:00) 富山駅南口 == 立山あるぺん村 == (11:00) 室堂ターミナル到着 … 立山信仰、自然の解説・自由散策またはオプショナルツアー※別途申込制 /  (15:30) 室堂ターミナル == 立山あるぺん村 == (17:30) 富山駅南口・解散
定員・締切
【定員】26名様

【締切】定員に達し次第受付終了。

※申込は先着順となり、往復予約の方が優先となります。片道でご希望の方は一度お電話にてご相談ください。

催行人数
15名様
※催行判断は出発日の前日から起算して7日前です。
お申込み後の流れ
  1. お申込(ご予約)  下記の「ツアーのお申し込みはこちら」から、必要事項を送信してください。
    必要事項をお送りいただいた後に、申込内容を記載したメールが届きますので必ずご確認ください。届かない場合、お申込みが受理されていません。あらためて必要事項の送信をお願いいたします。
    ※お申込みの際には、国内募集型企画旅行取引条件をご確認くださいますようお願いいたします。
  2. 担当者より旅行案内(確定書面)のご連絡
  3. 現地にてツアー実施
取消に関しまして
 一般社団法人地域・観光マネジメントの取扱う旅行は、国土交通省の定める標準旅行業約款に従い下記のキャンセル(取消)料 を定めています。ご確認の上お申込ください。

【標準旅行業約款 別表第一 取消料(第十五条第一項関係)】

20日前(日帰りツアーの場合は10日前)までの取消 … 旅行代金の20%

7日前までの取消 … 旅行代金の30%

前日の取消 … 旅行代金の40%

当日の取消 … 旅行代金の50%

開始後の取消または無断連絡不参加の場合 … 旅行代金の100%

※天候などやむを得ない事由で中止の場合は返金させていただきます。

旅行企画・実施
一般社団法人地域・観光マネジメント

富山県富山市北新町2丁目2番7 今井ビル6B

TEL:076-471-6103 (平日10:00~18:00/土日祝日10:00~17:00)

富山県知事登録旅行業 地域-3号 / 国内旅行業務取扱管理者 塚本昌紀

ツアーのお申込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目コンテンツ!

  1. 5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (2)r

    【6月限定企画♪】〈雪の大谷へ直行♪新緑の立山黒部アルペンルートツアー〉 プロガイドがご案内するオプショナルツアーも充実!

    コース番号  特1906 ツアー名 【…
お問い合わせ
  1. 5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (2)r
    コース番号  特1906 ツアー名 【…
  2. コース番号  S-008 ツアー名 <アートと美食めぐ…
  3. コース  H-007 ツアー名 路面電車で行く! ます寿し食べ比べの…
  4. イメージ写真
    コース番号  T-005 タイトル  ~現役職人に学ぶ~ます寿しづくり体験…
  5. IMG_2542 - コピー
    いつもとやまWEBデスクのHPをご覧いただきありがとうございます。 日々、富山の観光をご提案さ…

話題をチェック!

  1. 5122C840B977EB71B2B567D09FD44BBE (2)r
    コース番号  特1906 ツアー名 【…
  2. コース番号  S-008 ツアー名 <アートと美食めぐ…
  3. コース H-001 ツアー名 ちょっぴり観光付き!富山…
  4. スライド1
    コース番号  T-004 ツアー名 ~…
  5. sozai (1)
    コース  T-011 ツアー名 一期一会 お茶体験 集合…

リンク

松川遊覧船 地域・観光ブログ
ページ上部へ戻る